ネットでビジネス始めよう (Let's get into business on the internet.)

ネットツール、最新情報の提供やネットビジネスの紹介

日本のTPP参加について 

日本は今大事な局面を迎えている。 
それはTPP(環太平洋経済連携協定)への参加である。この交渉に参加表明をしなければ日本の貿易は今後何年も遅れてしまうだろうと思う。ここで争点になっているのは日本の農業を守れということだ。言うまでもなく日本の農業は高い関税をかけて海外の農産物の流入から守られている。この問題により関税の撤廃には慎重にならざるをえなかったのである。

しかし近年のアジア地域の各国による工業製品の台頭(韓国等)はめざましく高関税を課している現状では太刀打ちできないだろう。FTA(自由貿易協定)2国間協定だけでは足りない。国際競争力をつけるにはTPPへの参加は免れないと思う。 

しかしこれは難しい問題で保守派の意見も肯ける。それは日本にどれ程のメリットがあるのかということだ。 こんな太平洋の真ん中にある小さな島国にその恩恵は届くのだろうか?デメリットの方が大きいのではというという問題だ。 

私はこれには参加するべきだと思う。どうせ競争力のないモノは駆逐され他は繁栄するのだ。リスクを取ることなし成長は望めないと思う。今の日本はよりドラスティックな改革を進めるべきである。

スポンサーサイト
[ 2011/11/06 09:36 ] 貿易 | TB(0) | CM(2)
日本とアメリカ 世界の中の日本
日本の食糧自給率 第一次産業の苦しみ 日本という国の産業と仕事 島国日本 どうなるかなぁ?
TPP問題 簡単なようで 難しいかなぁ
[ 2011/11/06 10:36 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/11/06 14:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

monti