ネットでビジネス始めよう (Let's get into business on the internet.)

ネットツール、最新情報の提供やネットビジネスの紹介

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電脳卸の見本市に行って来ました 

電脳卸の見本市に行って来ました。 目的はドロップシッピングの内容の確認と最近のマンネリ化傾向の打破。新しい空気に触れ刺激を受けることにより新たな視点を得られればと思い東京は北青山の会場まで行って参りました。 
 
構成は見本市・アフィリエイトのセミナー・ドロップシッピングの3つになっていては会場内にはECサイト・アフィリエイター・各企業の関係人等で人数は五百人以上はいたと思います。私は予定通り寝坊をして行ったんですけど今回参加して分かったことは参加しているアフィリエイターは意識レベルが高いということです。セミナー会場は大きなスクリーンのある映画館のようなところだったんですけどセミナーが始まるまでA4サイズのノートパソコンでなにやら作業をしている人や携帯で写真を取る人、スーツ姿の業界人のような人、交流を楽しむ人(なにやらはじめから交流がある人同士のようでした)それぞれ皆熱心でした。男女の比率は7:3くらいで男性のほうが多く年齢層はいろいろでした。ライトが落ちて暗くなりセミナーが始まると熱心にメモを取る人が多かったです。(私もセミナーの内容と新たに浮かんだアイデアをメモってきました)ちょっと前に座っていた人の話が聞こえてしまったんですけどなんか○○○万稼いだとか言っていました。あの中から本当に起業家が何人か出るのかもしれません。

いろいろ書きたいことがあるんですけどぐたぐた長くなるのでドロップシッピングに的を絞って書きます。

ドロップシッピングの講師はウェブシャークの木村 誠司代表取締役の
Eコマース2・0~次世代のEコマースとはというセミナーと

ドロップシッピングトークセッション木村社長と月間ネットショップアンドアフィリの編集長浅井氏 Tシャツの株式会社ClubT代表取締役三宅氏 ドロップシッピングポータル管理人山根さんの対談に分かれていました。

電脳卸の木村代表取締役は若くパワーのある方で自身で古着のネットショップをやっていた経験がありいわばたたき上げのようです。最初に電脳卸のドロップシッピングのムービーがスクリーンに映し出されて同じ内容を説明し従来型のWeb1.0と次世代の 2.0のネットショップについて話をされていました。

木村氏自身変化を好む方のようでWeb1.0のネットショップにとって個人が簡単にショップを作れて参入できる次世代型の
2・0のショップは脅威になるだろうしかし変化の流れについてこれない商売人は真の商売人ではなく200年続いている老舗も時代の変化に対応することにより存続してきた。皆さんには大いに従来型のネットショップと戦って頂きたいのようなことを言っていました。

で肝心のドロップシッピングなんですが

写真を電脳卸で提供しそれをホームページ貼り付け文章を考えて商品説明を自サイトで行う

写真をクリックしても各店舗に飛ぶことは無く自分のサイトですべて完結する。

提供するのは最初は写真だけなので説明文は外国語でもよく他国へも販売可能。

顧客のやり取り(メールを含む)は各自で行いクレーム処理も自分で行う実際のネットショップに近く法律も適用される。

発送はメーカが行い直送する。 

もし返品が生じた場合は指定の住所に返品して頂く

決済はドロップという電子マネーのようなものを用い予め企業が買っておきこれにより事前に済ませるので安心


などなど簡単に書きましたけどかなりハードルが高いです。実際に質問攻めにあい最期には社長自身がドロップシッピングムチャムチャハードルが高いですなんて言っていました。ただしこういう機会は今まで提供されてなかったので皆さんにはこれを機会に稼いで法人になって頂きたいなんて話されていました。ちょっと片手間には出来そうもない感じですが面白そうなのは確かです。

スポンサーサイト
[ 2006/07/23 23:08 ] ビジネス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

monti



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。